手術や解決方法

初めに柔道整復師として国家資格を得、骨折・脱臼・捻挫・打撲等に対して応急手当として独自に診断し治療行為を行えるという職務に就いた私は、埼玉県内の募集要項に出ていた整形外科病院に勤務する事を選択しました。
と言うのもやはり一度は救急指定病院での外科的手術も行えるスタッフとしての経験と、本格的なリハビリテーションが行われている現場に自分を置き、将来の独立開業後の礎としたいとの思いから選択したものでした。
そしてこの時に遭遇した患者さん達から得た経験と、勿論院長を初めとしたドクターから受けた教訓や技術的な指導から、現在の自分が行っている治療の基礎が出来上がった事は言うまでもありません。
そして鑑別診断法と最適な治療法について多くの経験をする機会を頂きました事に改めて感謝する次第です。

本題の腰痛を呈する疾患は、整形外科疾患ばかりでは有りませんが、この項では主に整形外科で取り扱う運動器疾患を主に取り上げてみたいと思います。
いわゆる外来患者さんの中でも腰痛を主訴とする患者さんの割合は、本邦の高齢化率の増加も手伝ってか多くを占め、その鑑別診断と言うものも重要性を増してくるものと思われます。
一般的に整形外科で診断名として用いられる疾患として多いのは、やはり椎間板ヘルニア、椎間板症、腰椎分離症、辷り症、脊柱管狭窄症、また変形性脊椎症、骨粗しょう症に伴う圧迫骨折、悪性腫瘍などの転移によるものなど、多岐に及びます。
その中で外科的手術の適応の疾患とそうでない疾患をより分け、更に物理学的治療法の適応のものでも期待できる治療法の取捨選択が有りますので、そこに経験と技術が生かされようかと思われます。